大阪駅から徒歩2分。包茎手術・包茎治療の専門院

性病治療(尿道炎、亀頭炎、包皮炎)|包茎手術・治療[大阪]


性病治療(尿道炎、亀頭炎、包皮炎治療)

尿道炎(クラミジア、淋病)

国内において、最も多い性感染症がクラミジアや淋菌の感染による、尿道炎です。
淋菌が媒介する場合、「淋菌性尿道炎」といい、クラミジアを媒介とする場合は「非淋菌性尿度炎」といいます。

これら尿道炎に感染すると、排尿が痛い、ムズムズする、尿に膿が混じっている、などの症状が現れます。

尿道炎の原因には、雑菌の感染、性行為で感染するクラミジアや淋病があります。
いずれも原因となった菌の種類を判別するために検査を必要とします。
適切な内服薬を服用いただくことで完治できますが、放っておくと悪化し治りにくくなります。

もし症状に気がついたときは、早めに受診して下さい。

症状
淋病・・・尿道から黄色い膿が出る。排尿時に尿道の痛みがある。
クラミジア、雑菌・・・排尿時に尿道に違和感を感じる。尿道から水っぽい透明な膿が出ることもある。
治療方法
原因菌に効果のある抗生物質を処方します。1~2週間服用を続けることで完治します。

亀頭炎・包皮炎

雑菌あるいはカンジダによる包皮や亀頭の炎症で、免疫力の低下や包茎による不衛生な状態が原因で発症します。
放置した場合、多くの場合は症状は悪化して治りにくくなりますので、早めに受診するようにして下さい。

症状
包皮や亀頭がかぶれて赤くなる。痒くなる。ヒリヒリする。包皮がべたつく。亀頭に白い粉がふいたようになる。
治療方法
原因菌に効果がある抗真菌剤をや抗生物質を処方します。
包茎症状がある場合は症状を繰り返すので、包茎手術が最善の治療法となります。

ご不明な点、ご不安な点があれば、お電話やメールで遠慮なくご相談ください。




Copyright (C) 2013 医療法人社団美幸会  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は医療法人社団美幸会が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る