大阪駅から徒歩2分。包茎手術・包茎治療の専門院

パイプカット(男性避妊、精管結紮術)|包茎手術・治療[大阪]


パイプカット(男性避妊手術、精管結紮術)

様々な避妊方法とパイプカット

避妊法には様々な方法があり、一般的に避妊というと女性がするものというイメージが強く、男性がするという意味合いではコンドームを装着する方法がポピュラーだと思います。

女性側が行う避妊法としては、婦人科で処方される経口避妊薬のピルの内服や、子宮内リングの挿入、卵管結紮術などの方法もあります。
ピルは毎日内服を必要とするものなので、内服を忘れがちな方では、いざという時に役に立ちません。
子宮内リングは器具を体内に留置するため抵抗を感じる方も多く、また感染のリスクがあります。
卵管結紮術は男性避妊手術(パイプカット)に比べると大変な手術です。
色々な選択肢がある中で、男性避妊手術=パイプカットは確実で、かつ比較的手軽な方法といえます。

パイプカットは、精子の流れをシャットアウト

患者様とお話していると、射精時にでてくる白濁した液体そのものを精子と思っている方が多いようですが、正確には精液といって、白濁液(精漿:せいしょう)に精子が混じったものです。

精漿は、前立腺液、カウパー腺液、精のう腺液、尿道腺液、精管膨大部分泌液が混じりあったものです。

精子は睾丸で作られ、精管を通ってこの精漿と合流し、精液となって射精されます。

パイプカット(男性避妊手術、精管結紮術)イメージ

パイプカットは、正しくは「精管結紮(けっさつ)」と言います。
精子が出る管を縛って切り離すわけですが、男性ホルモンの生産される量は、手術をしても変わりません。
精子が出る管と男性ホルモンが分泌される所とは直接関係はないのですから当然です。ですから、精力が落ちたり、性的能力が衰えたりすることはありません。

また、パイプカットの手術を受けると、射精しなくなると考える方もいるようですが、これも間違いです。手術前と全く同様に射精します。もちろん、射精された精液には精子は混ざっていませんが、精液の外見は手術前と全く同じです。

精液は、陰嚢で造られる精子と精嚢腺や尿道でつくられる精漿という白色のドロっとした液体が混じったものです。
パイプカットの手術とは、精子が通る管(精管)だけが切り離されるわけですから、パイプカットしたことによって射精しなくなったり、絶頂感(射精感)が失われたりする心配はありません。

パイプカットは男性の避妊手術ですので、当院では母体保護法に基づいて治療を行っております。

なお、パイプカットは性病予防にはなりません。性病予防のためにはコンドーム着用が効果的です。

パイプカット手術

陰のうの左右それぞれ1ケ所づつ、皮膚を切開する部分に局所麻酔を施してから手術を行います。

陰嚢の皮膚を左右それぞれ1ケ所づつ、各1cmほど切開して、精管を引き出して引き出した精管の両端を手術用の糸で結び(結紮)、中央部分を切断します。
切断した精管の両端を電気メスで焼きつぶして、確実に精管を閉鎖させます。

止血後に皮膚を縫合して終了します。手術後は患部の安静の為に2日間股間にテーピングし、1週間後に皮膚縫合糸を抜糸します。

パイプカット(男性避妊手術、精管結紮術)の手術イメージイラスト

パイプカット後に注意しなければならないのは、カットした精管~尿管との合流地点までの精管内に、精子がしばらくの期間生存することです(残留精子)。
手術によって避妊手術は完了していますが、その効果としてはまだ完了していないことになります。

この残留精子が残っている期間に膣内で射精をすると、妊娠される可能性があるということです。

泌尿器官の構造イメージイラスト

手術後は、残留精液(残留精子)を全て排出するために、最低5回は射精を行ってください。
射精の方法はできる限りマスターベーションで行ってください。
性行為でも構いませんが、性行為の際は、必ずコンドームなどによる避妊が必要となります。

本当の意味でのパイプカット完了は、残留精子の検査後となります。
残留精子の検査に際しては、それまでに5回以上の射精を行って下さい。
正確を期するため、当院では専門の検査会社に検査を依頼しております。
精液中に精子が全く存在していないことを確認して、避妊手術が完了します。

ご不明な点、ご不安な点があれば、お電話やメールで遠慮なくご相談ください。




Copyright (C) 2013 医療法人社団美幸会  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は医療法人社団美幸会が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る