大阪駅から徒歩2分。包茎手術・包茎治療の専門院

性病治療(コンジローム除去、フォアダイス除去)|包茎手術・治療


性病治療(コンジローム除去治療、フォアダイス除去治療)

コンジローム除去治療

コンジローム(コンジローマ)とはウイルス感染症で、男性の場合、亀頭や包皮にイボができる性病で、時折、陰嚢や肛門周辺にもできることもあります。

液体窒素による除去治療や、電気分解凝固法による除去治療、ポドフィリンという薬剤で除去する治療法などありますが、潜伏期間も長く再発しやすい感染症のため、再発しなくなるまで数回の治療を繰り返し治療を行なう場合が多いです。
放置すれば症状は悪化し治りにくくなるため、気がついたら早めにご来院ください。

また、男性の場合は表面にブツブツとした突起状の出来物が目視できるため、気が付きやすいのですが、女性の場合、膣内に生じる場合が多く痛みや痒みといった自覚症状が通常あまりないため、この病気にかかっていることに気が付かない女性が多い病気でもあります。

この病気に気付いたときは、パートナーにも感染しているケースが多いので、パートナーと共に完治までの性行為は控えなくてはなりません。

症状
亀頭周囲の包皮や亀頭に多発性のイボができます。陰のうや肛門付近の皮膚にもできることがあります。
治療を受けず放置していると増殖し、範囲が拡大していきます。
通常痛みや痒みといった自覚症状はありませんが、放置すると炎症を起こしてベタベタしたり、粘膜が切れて痛みや出血が伴う場合もあります。
治療方法
局所麻酔をして電気分解凝固法で除去するか、包茎がある場合は包皮ごと切除します。
 ポドフィリンという薬剤を塗布して治す方法もあります。

フォアダイス除去術

フォアダイスは包皮や亀頭に多発する、粟粒ほどの細かなぶつぶつ状のイボです。
フォアダイスは病気ではありませんので、そのまま放置しても体に害を及ぼすことはありませんが、部位や見た目から前述のコンジローム(性病)と誤解され女性に敬遠されることも多く、女性からの問合せが多い症状でもあります。

症状
亀頭や亀頭周囲の包皮に限定してできる、単発性または多発性のイボです。
治療をせず放置しても増殖することはありません。
治療方法
局所麻酔をしてレーザー処置や電気分解凝固法で除去します。
包茎の方の場合、再発しやすいので、包茎も治すほうが良いでしょう。

ご不明な点、ご不安な点があれば、お電話やメールで遠慮なくご相談ください。




Copyright (C) 2013 医療法人社団美幸会  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は医療法人社団美幸会が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る