大阪駅から徒歩2分。包茎手術・包茎治療の専門院

包茎手術後の自宅ケア|包茎手術・包茎治療[大阪]


包茎手術後の自宅ケア

ご自宅での包茎手術後のケアは誰でも行える簡単なものです。 以下に要点を説明します。

1.日常生活動作、仕事、飲酒、運動など

軽い日常動作や事務仕事は特に制限ありません。
但し、飲酒と運動は手術後の出血や腫れの原因となりますので1週間お控え頂きます。

2.包帯、排尿、入浴について

術直後に施した包帯は、3日間巻いたままにしてお過ごし下さい。
この期間に湯船に浸かることはできませんが、シャワーを浴びることはできます。
その際は、患部を極力濡らさないためにも、ナイロン袋やコンドームをかぶせて包帯が濡れにくい状態にして、軽いシャワーで済ませてください。

亀頭部には包帯が巻かれていませんので、排尿も可能ですが、包帯で圧迫されているために普段よりも排尿が幾分しにくくなりますので、早め早めに排尿するようにしてください。

4日目から7日目までの期間は、包帯をご自身で外し、患部も含めて全身シャワーで洗えるようになります。
石鹸も使用してシャワーで患部を洗浄し、消毒の後、ご自分で新しい包帯に交換してください。

8日目以降の包帯は不要です。入浴も湯船に入れます。

包茎手術後の自宅ケア
3.抜糸について

縫合糸の抜糸は手術後2週間目頃に行います。
抜糸の通院が不可能な方は、抜糸の必要のない自然に溶けてなくなる糸(吸収糸)を使用します。
抜糸する方法(抜糸式)か、吸収糸にするかは、手術前にご希望でお選びいただけます。

4.性行為、マスターベーションについて

性行為は手術後4週間、マスターベーションは手術後3週間、お控え下さい。

ペニスの性感帯は亀頭と亀頭のすぐ下の裏側の皮膚(包皮小帯)に集中しています。
もともと早漏の傾向がある方の場合は、敏感な包皮小帯を適度に減らして早漏改善になるように包茎手術します。
一方、早漏の傾向がない方の場合は、包皮小帯を可能限りすべて残す包茎手術とします。

包茎手術前のセックスでは、性感帯の亀頭や包皮小帯が直接女性器と擦れるというよりは、余った皮を介して接触しています。
包茎手術後は直接女性器と擦れる状態に変わります。
性感が手術前より増強することはあっても、減少することはありません。

アフターケア1年間保証

ご不明な点、ご不安な点があれば、お電話やメールで遠慮なくご相談ください。




Copyright (C) 2013 医療法人社団美幸会  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は医療法人社団美幸会が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る